東京都の新型コロナウイルス感染者数の推移(日別)のグラフ

東京都の1日あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移

東京都では新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が4月7日に出された。感染者は宣言後も増え続け、4月14日から12日間にわたって感染者が100人以上の日が続いていた。

5月に入ってからは感染拡大が落ち着き、5月25日に緊急事態宣言が解除された。宣言解除後はふたたび感染者数が増え、東京都は6月2日に「東京アラート」を発動した。

その東京アラートも6月11日には解除され、19日には休業要請が全面解除された。その結果、感染がふたたび拡大し、100人以上の感染者が出る日が続き、8月1日には過去最高の472人の感染が確認されている。

7日移動平均線(過去7日間平均)は緊急事態宣言の解除後は上向きが続いていたが8月9日を境に下降し、9月以降は150〜200人の間に留まっていた。だが、11月に入って感染者が急増しており、11月19日には過去最多の534人の感染が発覚している。

公開:2020.11.19

関連のグラフ

ツイッター フェイスブック ライン はてぶ