新型コロナウイルスの感染者1500人を超えてからの2週間の感染爆発

新型コロナウイルスの感染爆発(クリーム)

日本の新型コロナウイルスの感染者数は1499人(WHOの3月28日の統計)。感染が広がっている世界の国々をみると、1500人を超えてからの2週間で大きく状況が変わっている。

イタリアは死者数が突出して多く(人口10万人あたりの新型コロナウイルスによる死者数のグラフ)(イタリアの年齢別死者数のグラフ)、高齢化社会が進行していたためとされている。そして、日本はイタリア以上に高齢化が進んでいる(高齢者人口の割合のグラフ)。

日本は医療環境が充実しているが(人口1000人あたりの急性期医療病床数のグラフ)、患者の急激な増加には耐えられないため、不要不急の外出を控えて感染爆発の速度をおさえることが最重要である。

公開:2020.03.29

出典:WHO

ツイッター フェイスブック ライン はてぶ