SNSを利用する目的のグラフ

SNSを利用する目的のグラフ(クリーム)

SNSを利用する目的として最も割合が高いのは「知人とコミュニケーションをとるため」で、続いて「知りたいことの情報を探す」「暇つぶし」だった。また、災害が起きたときの情報収集を目的としている人も24.8%いた。

調査の質問ではSNSの例としてフェイスブック、ツイッター、ライン、ミクシィ、インスタグラムが挙げられている。

インターネットを利用する人の69%が「SNS」を利用目的として挙げている(関連するグラフ)。

公開:2020.05.29

ツイッター フェイスブック ライン はてぶ