生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している人の割合のグラフ

生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している人の割合
ダウンロードする ダウンロードボタン ダウンロードボタン ダウンロードボタン

厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によれば、日本人男性の15.0%、女性の8.7%が生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している。年齢別にみると、男女ともに50代が最も多い。

なお、生活習慣病のリスクを高める量は1日あたりの純アルコール摂取量が男性は40g以上、女性は20g以上を指す。純アルコール40gはビールの中瓶2本に相当する。

公開:2020.01.14

ツイッター フェイスブック ライン はてぶ