東京都の新型コロナウイルス感染者の分布マップ(市区町村別)

東京都の新型コロナウイルス感染者の分布マップ

東京都の新型コロナウイルスの感染者数を市区町村別のマップで見ると、感染者は23区の西部に多く、7月31日に発表された資料によれば新宿区が圧倒的に多い。

各自治体の感染者数:新宿区1773、世田谷区971、中野区581、港区562、練馬区514、足立区504、杉並区499、板橋区435、渋谷区434、豊島区421、品川区412、大田区402、江東区401、江戸川区357、目黒区345、台東区285、北区253、葛飾区247、墨田区237、文京区232、中央区215、荒川区183、千代田区75。

八王子市145、府中市131、西東京市120、町田市108、調布市82、小金井市60、三鷹市81、多摩市58、小平市63、武蔵野市51、立川市56、狛江市41、日野市43、東久留米市46、東村山市39、国分寺市29、清瀬市23、稲城市21、昭島市23、あきる野市14、青梅市14、東大和市15、国立市14、羽村市6、福生市12、武蔵村山市7、瑞穂町2、日の出町1、御蔵島村1、都外561、調査中23。

どこが何区、何市かがわからない場合はこちら

公開:2020.07.31

関連のグラフ

ツイッター フェイスブック ライン はてぶ