横浜市の新型コロナウイルス感染者の分布マップ(区別)

横浜市の新型コロナウイルス感染者の分布(区別)

横浜市は新型コロナウイルスの感染者数を区別に発表しており、感染者が最も多いのは鶴見区の367人。東京都との行き来の多い東急線が走る青葉区や港北区でも感染者が多い傾向がある。

各区の感染者数は以下のとおり。
鶴見区367、青葉区332、港北区332、南区301、中区266、神奈川区243、港南区234、旭区220、戸塚区218、保土ヶ谷区203、金沢区162、磯子区149、西区147、都筑区147、緑区123、泉区114、瀬谷区106、栄区67、市外175。

公開:2020.10.30

出典:横浜市

関連のグラフ

ツイッター フェイスブック ライン はてぶ