アメリカ大統領選における各州の選挙人の数

アメリカ大統領選における各州の選挙人の数

アメリカの大統領選は選挙人制度をとっている。有権者は民主党、共和党の候補者のどちらかに投票するが、どちらが多くの票を獲得したかで大統領が決まるわけでなく、各州の「選挙人」の数を競い合う。

有権者の代表とされる「選挙人」は、州の人口に応じて割り振られている。ほとんどの州では多くの票を獲得した候補者がその州の選挙人数をすべて獲得する「勝者総取り方式」が採用されている。

2016年の大統領選挙では、民主党の候補者だったヒラリー・クリントン氏のほうが総得票数では200万票以上も多かったが、共和党候補者のドナルド・トランプが多くの選挙人を獲得したため、トランプが勝利した。

公開:2020.03.06

関連のグラフ

ツイッター フェイスブック ライン はてぶ